Bトレをパソコン制御で完全自動運転するレイアウト

追兎電鉄製作記

214 さよならBトレ専用レイアウト

追兎電鉄の現在のレイアウトは第1工区を残して廃棄することにしました。 理由は2つ 「一戸建てを購入した」 「バンダイがBトレから撤退した」 現在の追兎電鉄レイアウトは、居住するマンションのリビングで運転することを前提に設 …

213 水間鉄道フェスタ「笑電祭」に参加しました。

12月2日に、水間鉄道水間観音駅で開催された「笑電祭」に自動運転レイアウトを持参して参加してきました。 こんなプレート(?)も作っていただいてました。 ただ初めてのイベントということで会場の様子もわからず…現地に行ってみ …

212 さよなら追兎ストレート

追兎電鉄は旧追兎電鉄の4倍以上の規模で製作していました。(過去形) とくに第1工区の新宝塚駅から第2工区の奏星台駅を貫き、第3工区の美久宮駅にいたる約5メートルのストレート区間は追兎電鉄の見せ場の一つでもあったのです。 …

211 天神山の造形に着手します。

水間イベントまであと3週間。 間に合いそうにありません。 それでも自分が満足できない状態で作ってしまうと愛着も薄れそうなので…手間をかけて製作します。 山は適当に緑で塗るとか、スポンジを地面に貼り付けるだけなら楽ですが… …

210 イベントに向けて緑化中です。

前回予告した水間鉄道イベントまであと1ヶ月。 いまの状態では出せないため情景作りを加速させていきます。 最初から飛び道具です。 新宝塚駅の手前スペースは撮影用に一段下げています。 建物を作ってもよかったのですが、列車撮影 …

209 水間鉄道フェスタに参加決定です。

新追兎電鉄の初お披露目となる日が決定しました。 地元貝塚の水間鉄道イベント(12月2日)に出展します。 …とはいうものの、随所に蛇足的なコダワリを追加し続けていることで、もはやサグラダ・ファミリアの方が早く完成するのでは …

208 第2工区の駅周辺の考察

第2工区は終端駅への平面交差を除き、非常に単純な線路配置です。 それでも追兎天神駅と奏星台駅(仮)が物理的に接近しているので、このままでは風景に違和感を感じてしまいます。 基本的に第2工区は田園風景にするつもりではありま …

207 追兎天神駅のプラン変更

今週末は「京阪ファミリーレールフェア」に行って来ました。 イベント内容は他の方もレポートするだろうから省略…。 その帰り道にキッズランドでTOMIXホームを購入してきました。 追兎天神駅の駅を作るためです。 以前にも追兎 …

206 第5工区(大鉄橋部分)へ着工

3連休だったので追兎電鉄レイアウトがリビングに進出してきました。 追兎電鉄レイアウトはリビングで連結してはじめてダイヤ運転が出来るのですが、通常は趣味部屋のラックに収納されています。 複線エンドレスを作る3つのモジュール …

205 駅アナウンス用の音響工事

追兎電鉄といえば「萌え」というのが定着しています。 その起源は7年前に遡ります。 自動運転をする際に、列車接近放送と駅発車メロディを連動しようとしました。 誰もが思いつくのは「駅で録音して音源として使おう」でした。 早速 …

204 新宝塚駅改札口に着工しました。

旧追兎電鉄でなかったもの、それは改札口です。 本来は線路手前にあるはずの駅舎と改札口がスペースの都合で表現できませんでした。 そのため、今回は改札口を作っていこうと思います。 メーカー既製品は極力使いたくないため、自作す …

前回より作り始めていた追兎電鉄本社ビルですが、ある程度まで出来たので一旦終了にします。 この本社ビルは、第4工区の希海駅に隣接させる予定ですが、第4工区の着工が遅れているためしばらくは工事中断です。 透明ケースだけで「ビ …

202 追兎電鉄本社ビルを作り始めます。

この一週間は仕事が多忙であったことに加え、地元がお祭りで来客も多かったことから鉄分はほとんど補給できていません。 でもこの製作記は毎週日曜日の夜に更新することを目標にやっていきたいと思います。 そんな状況でも100円均一 …

201 山肌に着手すると世界観が変わる

最近は記事に出来ないような電気回路の製作ばかりしていました。 製作記の更新がなかったのはそのためですが…。 今回は気分転換も兼ねて、スタイロフォームの山に石膏で表面を作ることにします。 …とは言うものの、第1工区の中央部 …

200 先生のレイアウト動画

追兎電鉄製作記録の200回目 …なので、何を書こうかと思っていましたが… 私の先生のレイアウト動画をご紹介することにします。 追兎電鉄の自動運転技術の多くは先生から伝授したものです。 その先生ですが、最初はNゲージで自動 …

PAGETOP
Copyright © 追兎電鉄株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.