Bトレをパソコン制御で完全自動運転するレイアウト
追兎電鉄製作記
  • HOME »
  • 追兎電鉄製作記 »
  • DCC

DCC

208 第2工区の駅周辺の考察

第2工区は終端駅への平面交差を除き、非常に単純な線路配置です。 それでも追兎天神駅と奏星台駅(仮)が物理的に接近しているので、このままでは風景に違和感を感じてしまいます。 基本的に第2工区は田園風景にするつもりではありま …

207 追兎天神駅のプラン変更

今週末は「京阪ファミリーレールフェア」に行って来ました。 イベント内容は他の方もレポートするだろうから省略…。 その帰り道にキッズランドでTOMIXホームを購入してきました。 追兎天神駅の駅を作るためです。 以前にも追兎 …

205 駅アナウンス用の音響工事

追兎電鉄といえば「萌え」というのが定着しています。 その起源は7年前に遡ります。 自動運転をする際に、列車接近放送と駅発車メロディを連動しようとしました。 誰もが思いつくのは「駅で録音して音源として使おう」でした。 早速 …

204 新宝塚駅改札口に着工しました。

旧追兎電鉄でなかったもの、それは改札口です。 本来は線路手前にあるはずの駅舎と改札口がスペースの都合で表現できませんでした。 そのため、今回は改札口を作っていこうと思います。 メーカー既製品は極力使いたくないため、自作す …

201 山肌に着手すると世界観が変わる

最近は記事に出来ないような電気回路の製作ばかりしていました。 製作記の更新がなかったのはそのためですが…。 今回は気分転換も兼ねて、スタイロフォームの山に石膏で表面を作ることにします。 …とは言うものの、第1工区の中央部 …

200 先生のレイアウト動画

追兎電鉄製作記録の200回目 …なので、何を書こうかと思っていましたが… 私の先生のレイアウト動画をご紹介することにします。 追兎電鉄の自動運転技術の多くは先生から伝授したものです。 その先生ですが、最初はNゲージで自動 …

199 電車は光らなくとも…

追兎電鉄はBトレで自動運転をするレイアウトです。 もう聞き飽きたフレーズですが、Bトレで自動運転をするのは至難の業です。 まず自動運転をするには、一瞬たりとも集電不良を起こしてはいけません。 模型を運転していて集電不良で …

197 国際鉄道模型コンベンションで…

先週は国際鉄道模型コンベンションに行ってました。 本来は出展予定だったイベントです。 自動運転だけに特化するなら出展することも出来たかもしれませんが、やはり情景が無いとお話になりません。 ベニア平原をただ走っているだけの …

196 新宝塚駅改札口の建設開始

第1工区の作業が続いています。 新追兎電鉄では前回出来なかったものを作ります。 それは… これは旧追兎電鉄の新宝塚駅です。 ハードディスクのクラッシュがあったため残っている画像は少ないです。 (※現在はクラウド保存にして …

193 バリアフリー対応にするのは見栄えのため

新宝塚駅のプラットホームはTOMIXホームを拡張することで対応することになりました。 しかしKATOの線路はTOMIXの線路よりも土床が大きいため、そのままTOMIXホームを使うと高さが低すぎます。 そのため3mmほどか …

192 いつかどこかで見た風景をこの手で

バラスト撒きが一区切りついたので、線路の塗装をエアブラシでやってみました。 バラストとユニトラック土床の違いを吸収することが出来ません。 もっと色を濃く噴いてしまえばいいのですが、やりすぎは厳禁。追兎電鉄は準大手私鉄ぐら …

191 粗があっても隠してしまえばいいのよ

前回の続き、駅ホームをどうするか迷いに迷ったのですが、工作難度の低いものを選択しました。 それはTOMIXホームの拡張です。 TOMIXホームは線路間隔に比べて約5mm~6mmほど狭いことがわかりました。 なので、ホーム …

190 駅が無いと電車は停まれないでしょ

追兎電鉄は自動運転が一番の目的なので駅を作らないと…ですが、問題が山積みです。 第1工区を作業場に出しているので、旧追兎電鉄と同じく「新宝塚駅」に着手します。 線路配置は旧追兎電鉄と同じなのですが、少々手抜きをした部分が …

187 地面の製作は本当に楽しいものである。

追兎電鉄はレイアウトすべてが撮影スポットとなるように気をつけて作っています。 そのためには、いろんな部分に手を加えることだと思っています。 車両だと塗装が上手くいかないだけでも違和感があります。 それは鉄道模型をやってい …

0186 制限あるなかでリアルを求める。

追兎電鉄は走行する車両こそBトレですが、リアルな風景となるように作りこんでいます。 線路は基本的に色を塗るようにしています。 実物の線路は当然ながら錆色になっているわけで、キラキラピカピカの線路では違和感しかありません。 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 追兎電鉄株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.