Bトレをパソコン制御で完全自動運転するレイアウト
追兎電鉄製作記
  • HOME »
  • 追兎電鉄製作記 »
  • Bトレ

Bトレ

0085 自分を追い込むために…

2018年の国際鉄道模型コンベンションに出展します。 まずは宣言です。 有言実行…というより、自分を追い込まないと動かないタイプなので…。 さて出展するとなると、スケジュール逆算で追い込むことになります。 正直やることが …

0077 阪急1000系

レイアウト製作が暗礁…なので、気分転換に製作途中だった「阪急1000系」を完成させました。 この阪急1000系は買おうかどうしようか迷った末、発売から数週間経過してから購入した車両です。阪急のBトレは発売と同時に完売する …

0073 第2工区との接続準備

第2工区との接続準備です。 レイアウト全体の両端になる第1工区・第3工区の線路敷設を確定させた後に、第2工区でそれぞれの誤差を吸収するやり方です。 この時点で全長3600mmなのでかなり大きなものです。第3工区の閉塞区間 …

0058 クモハ123

久しぶりにショーティー化してみました。

0052 第2工区着工

第3工区の高架下もある程度の目処がついたところですが、同じ作業ばかりで飽きました。そのため第1工区・第3工区の線路位置が決まったので第2工区に着工することにします。 ここで大切なのは、分割して作製したレイアウトが接続でき …

0050 DCC搭載改造

DCC搭載改造のために必要な部材です。改造方法を説明しようとしたけど…、作業に集中しすぎていて… 気づけば出来上がっていました。

0049 車両調整

車両整備をしています。追兎電鉄の車両はBトレなので集電性能がNゲージ車両よりも極端に悪いです。しかも自動運転では一瞬でも停電(瞬断)があるだけで誤動作して暴走してしまいます。対応策としてすべての車両が2両ユニットで8軸集 …

0048 試運転用のレイアウト

第3工区の高架もなんとか出来上がりつつあるので、そろそろ線路に通電して電車が走るか確認しなければいけません。 ただし、旧追兎電鉄レイアウトを譲渡してから、車両はほとんど走行したことが無いため、まずは車両整備に着手します。 …

0040 小田急20000型

何故か関西でない車両がここ最近入ってくるようになりました。ちょうどいい感じの編成なんですよね。

0035 高架駅準備工事

電気配線を済ませた線路を高架橋に固定しました。ここのポイントはなんといってもカントに尽きます。そこで車体の傾きがわかりやすい南海50000系で撮影してみます。 ここのカントはユニトラックの複線カーブなのですが、20度カー …

0032 223系2000番台のW編成は5本目

オークションで入札して忘れていたのですが落札出来ていました。 もう十分だと思っているけどフル編成で出品されていると入札してしまうものです。 223系2000番台のW編成(8両固定)で入線しました。5本目になります。 レイ …

0027 阪急6300系

阪急6300系です。こちらは8両固定編成としていますが、結構手間をかけて作り上げた編成です。阪急独特の艶を出すため何度もクリア塗装をしたうえ、ジオマトリックスの金属インレタを使用しています。クーラーキセも側面の開封口を表 …

0021 小田急4000系

関西系メインなので本来はいないはずの車両ですが… 追兎電鉄では希少な10両固定編成。でも自動運転は閉塞の関係で最大8両編成まで…どうするんだコレ ブログ村 Bトレ ブログ村 レイアウト製作

0018 大量にある未整理Bトレ(京阪)

京阪の車両はバリエーションが多いので、Bトレの数も大量になりがちです。すべてをNゲージ化できていないのです、当面はデコーダ搭載が目標となりそうです。 ブログ村 Bトレ ブログ村 レイアウト製作

0017 第3工区 複線カーブ

配線済みのカーブを設置します。緩和曲線とカントが効果を発揮しています。それでも最急曲線は半径150のため、半径150の部分は極力見えないようにします。 やはりアプローチ直線の威力は大きく、カーブ出口付近でも車体が傾いてい …

« 1 5 6 7 8 »
PAGETOP
Copyright © 追兎電鉄株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.