Bトレをパソコン制御で完全自動運転するレイアウト
追兎電鉄製作記
  • HOME »
  • 追兎電鉄製作記 »
  • Bトレ

Bトレ

0011 高架駅設置準備

高架駅を自作するにあたり、カーブ外側は車両とホームの間隔が広くならないようにギリギリまで詰めることにします。あとはバリアフリーのためホームの高さも厳しいところになります。ホームが車体よりも低いなら自由度はあがるのですが、 …

0010 高架駅設置準備

高架駅は高架橋の上に無理矢理に自作するのですが、高架橋の側壁が高すぎるので削りました。そのうえで車両とホームがバリアフリーになっていることを確認しています。 ブログ村 Bトレ ブログ村 レイアウト製作

0009 高架駅設置準備

今回の高架駅は完全自作になりますが、せっかく自作するのだからしっかりと車両と距離を詰めていきたいところです。市販品は新幹線にまで対応するためホームと車両の間隔が大きくなっていたり、ホームの高さが低かったり…ですが、Bトレ …

0008 高架駅設置準備

今回は高架線上に駅を設置するのですが、直線ではなくS字カーブになりますから駅は完全自作となります。線路を敷設してしまうと設置できないため事前準備に時間がかかります。 ブログ村 Bトレ ブログ村 レイアウト製作

0007 高架橋工事

製品では無い中途半端な曲線を自ら作ります。 ブログ村 Bトレ ブログ村 レイアウト製作

0006 京阪通勤車

なんとなく寝屋川市付近に見えたりする? ブログ村 Bトレ ブログ村 レイアウト製作

0005 JR西日本223系2000番台

Bトレ専用レイアウトだからこそ8両編成が直線に収まるアングルで撮影できます。

0004 京阪5000系

京阪5000系を並べてみました。

0003 高架橋工事

高架橋工事では架線柱の位置も決めておく必要があります。架線柱の間隔はリアルで作るとBトレにあわないため詰めています。

0002 高架橋工事

高架橋の下から見ると、橋脚と高架橋の間に隙間があるのが気になります。 架線柱の肉抜き対策は正解みたいですね。

0001 高架橋工事

高架橋は市販の規格では作れないので、仮設置と調整の繰り返しです。

« 1 5 6 7
PAGETOP
Copyright © 追兎電鉄株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.