Bトレをパソコン制御で完全自動運転するレイアウト
追兎電鉄製作記
  • HOME »
  • 追兎電鉄製作記 »
  • 追兎電鉄製作記

追兎電鉄製作記

0041 高架下工事

前回の高架下工事が結構かんたんだけど視覚的に効果的だったので2つ目を作っています。 欲張って内装を作りこんでみました。 照明を入れてみましたが…ちょっと暗いかなぁ。 実はこの建物にはネタを仕込もうと計画中です。なんでもあ …

0039 高架下工事

こういうものを作っています。 高架下にある施設ですが配線までやってしまうと接着してしまうため、線路敷設までの間に仕上げないといけません。 でも早く走らせたいという衝動と闘いつつ作業をしています。LEDを組み込むために光漏 …

0037 高架線区間の渡り線

高架線区間に組み込んでみました。 高架駅まで行って折り返します。 高架線に渡り線があるのは、あんまり見たことが無いので新鮮です。 渡り線を使っている間は外回りも内回りも塞がるので、新たな場内信号が必要になりそうです。 ブ …

0036 高架線区間の渡り線

高架線区間で渡り線を設置するために作業をしています。ユニトラック製品ではスラブ軌道ですが、スラブ軌道の渡り線は無くPC枕木であるのと、この区間は比較的古い区間ということで組み替えてみました。 しかしワンタッチで組み替えれ …

0035 高架駅準備工事

電気配線を済ませた線路を高架橋に固定しました。ここのポイントはなんといってもカントに尽きます。そこで車体の傾きがわかりやすい南海50000系で撮影してみます。 ここのカントはユニトラックの複線カーブなのですが、20度カー …

0034 高架駅電気工事

やっと高架駅の電気配線に着手しました。自動運転をするかぎり大量の電気配線を避けて通れないところですが、少しでも電気トラブルを解消するためロングレール化などを推し進めます 最適化して線路だけの電気配線でこうなっています。こ …

0033 高架橋工事

高架橋や高架橋脚はKATOのユニトラック製品を使います。 …が、本来はお座敷運転に最適化したシステムですので、横から見ると向こう側が見えてしまいます。 運転のたび組み立てて後片付けするには、こういう隙間は絶対に必要ですが …

0030 企画倒れになったプラン

新追兎電鉄の建設については、当初まったく別のプランがありました。 複々線の追い越しがしたくて、ある有名撮影地のデフォルメを友人と考えていたわけです。これがボツになった理由は収納が出来ない…という一点に尽きます。 完成して …

0028 新宝塚駅

前回の追兎電鉄レイアウトでさんざん苦しめられた悪夢の線路配置をそのまま使っています。 前回のレイアウトが発展したという想定なので大きく変更することは出来ません。それでも無理矢理なエンドレスが無くなったことで、留置線は6両 …

0026 美久宮駅

追兎電鉄の6駅の中で唯一2面4線を持つ退避駅です。 既製品の駅ホームを使うと直線的になるため、わざとカーブのある駅にしています。そのおかげで省スペースにもなってます。 ブログ村 Bトレ ブログ村 レイアウト製作

0025 第1工区

こちらは旧追兎電鉄の線形を色濃く残す第1工区。まだ線路を並べている段階で、台枠さえ出来ていないですね。 もともとエンドレスで横幅180cmしかなかったところで、同時4列車運転という荒技をやっていたわけです。この線形を越え …

0024 第3工区

今週は東京出張のため作業が出来ないので、いろいろ構想を考え直しています。 これは制作前に線路を並べて試行錯誤している状態。それにしてもプランニング当初から現在の形になっていたわけです。初代の追兎電鉄レイアウトも最初のイン …

0023 新型カメラカー

先代のカメラカーは鉄道模型業界ではおなじみのTC9をBトレに搭載していました。…が、やはり画質は10年以上前の技術でもあり大画面テレビでは見れないものでした。 そのため画質最優先の新型カメラカーを作成することにしました。 …

0022 自動運転プログラム

自動運転プログラムの作成を開始しました。基本的なところは決めれるのですが線路がまだ敷設途中であるのと、万が一の故障に備えて大量に設置した給電フィーダーをどう閉塞区間に割り当てるかという問題もあります。さらにはモジュールご …

0020 信号機の自作

作業は正直肉眼では見えていません。これが見える人がいるのでしょうか? 以前は拡大鏡を使っていましたが、現在はiphoneにある拡大鏡機能を使っています。これでも信号機の穴開けは難易度が高いですね。 ブログ村 Bトレ ブロ …

« 1 8 9 10 »
PAGETOP
Copyright © 追兎電鉄株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.