Bトレをパソコン制御で完全自動運転するレイアウト
追兎電鉄製作記
  • HOME »
  • 追兎電鉄製作記 »
  • 追兎電鉄製作記

追兎電鉄製作記

0061 高架下の謎の建物

照明を入れようかと思っていたところですが、照明を断念したコトで先に進めます。 レイアウトに設置したらこの角度でしか見えないかな。しかも照明が無いから看板も見えるか見えないか…。でも訴えられたら確実に負けるのでこの程度がい …

0060 方針変更します。

構想から3年、着手してから…。壮大な映画のような感じになっていますが、未だ完成の目処はたっていません。それもそのはず…。盛り込みすぎなのです。本来やりたかった「PC制御の完全自動ダイヤ運転」というだけでなく、架線を張りた …

0055 電気工事

2つ目のBDL168の配線です。余分なケーブル長を出したくないのであらかじめ長さを調整しています。 単線を使えばもっとスッキリしますが、この部分は見えなくなるところでもありますし、電気効率を優先することにします。 ブログ …

0054 電気工事

久しぶりにBDL168の配線をすることにします。 追兎電鉄レイアウトでは各モジュールに2~3台のBDL168を使うので、この作業は今後何度もすることになるので、少しでも楽に出来る方法を考えておきたいところです。 配線はす …

0053 第2工区の風景考察

さて第2工区の風景ですが…どうしましょうか? 第4工区にある終端駅への分岐以外は何の変化もないところです。 レイアウトあるある…ですが、線路で埋めてしまう…というのがあります。見渡すかぎり線路しか無いレイアウトも面白いか …

0052 第2工区着工

第3工区の高架下もある程度の目処がついたところですが、同じ作業ばかりで飽きました。そのため第1工区・第3工区の線路位置が決まったので第2工区に着工することにします。 ここで大切なのは、分割して作製したレイアウトが接続でき …

0051 信号機の製作

信号機を製作しています。あぁ本当に面倒です。 でもKATOやTOMIXの信号機は支柱がついています。KATOの信号機は支柱から外してでも使えますが3灯式です。やはり頻繁に電車が行きかう追兎電鉄では4灯式をメインにしたいと …

0050 DCC搭載改造

DCC搭載改造のために必要な部材です。改造方法を説明しようとしたけど…、作業に集中しすぎていて… 気づけば出来上がっていました。

0049 車両調整

車両整備をしています。追兎電鉄の車両はBトレなので集電性能がNゲージ車両よりも極端に悪いです。しかも自動運転では一瞬でも停電(瞬断)があるだけで誤動作して暴走してしまいます。対応策としてすべての車両が2両ユニットで8軸集 …

0048 試運転用のレイアウト

第3工区の高架もなんとか出来上がりつつあるので、そろそろ線路に通電して電車が走るか確認しなければいけません。 ただし、旧追兎電鉄レイアウトを譲渡してから、車両はほとんど走行したことが無いため、まずは車両整備に着手します。 …

0047 高架下工事

この前に作っていたのは目立たないように高架区間の端っこにヒッソリと設置しました。 目立ってはいけないはずなのに堂々と営業中? ブログ村 Bトレ ブログ村 レイアウト製作

0046 配置確認

線路の仮配置をしてベース下に電気配線を通した時点で最終確認をします。 この工区での作業もかなり時間がかかっていますが、いまだ走行できず…。 そして確認したところ絶縁の入れ忘れが2箇所も…、自動運転への道は遠いです。 ブロ …

0045 高架下工事

高架下に何もつくらない区間があります。高架下の駐車場です。でも横から見るとユニトラックだからこその余計な突起物が気になります。 突起物を削り取りました。でも今度は削り取った部分が気になるので目立たないように加工しています …

0044 高架橋電気工事

高架橋区間でも自動運転をするためには閉塞を設けることになります。そして渡り線を使っている間の閉塞待ちのためには余計に閉塞を…です。 素直にスラブ軌道にしておけば…と後悔しても仕方ないので、やっぱり今日も改造です。 ブログ …

0043 高架線の仮組み

パーツばかり製作していて飽きてきたので仮組みしてみました。高架線を走る電車を見る視点ってこれぐらいでしょうか。模型ではどうしても俯瞰することが多くなりますが、これぐらいが現実的な視点なのでは…。 模型的な視点でみるとこん …

« 1 8 9 10 11 »
PAGETOP
Copyright © 追兎電鉄株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.