Bトレをパソコン制御で完全自動運転するレイアウト
追兎電鉄製作記
  • HOME »
  • 追兎電鉄製作記 »
  • 月別アーカイブ: 2017年10月

月別アーカイブ: 2017年10月

0113 鉄橋拡張しました。

とりあえず…ではありますが、プロジェクトに必要な鉄橋長を確保することが出来ました。 以前のガーダー鉄橋の約2倍です。 同じガーダーを2つでは変化が乏しいため、あえて少し短いものにしてあります。 また昔ながらの赤系から、緑 …

0112 鉄橋拡張工事を始めました。

新追兎電鉄で一番大きな鉄橋(第5工区は連絡橋なので除外)ですが、よくよく見ると旧追兎電鉄の鉄橋よりも小さくなっています。 なぜ小さくなったというと、橋脚を作りたくなかった…からです。 市販の橋脚ってあんまり好きじゃないけ …

0111 閉塞区間の変更工事

LOCONETケーブルがどうしても見つからなかったので、ひゃっけん堂さんに注文しました。 LOCONETケーブルが届くまでBDL168の設定は出来ないので、この前から気になっていた閉塞区間の運用について再考していました。 …

0110 閉塞区間の見直しをする?

第1工区の位置検出用配線と分岐用電気配線が完了しました。 あれほど混沌としていた裏側がなかったかのようなベニア平原の表面です。 配線が終わりプログラムに進む予定であったのですが…、LOCONETケーブルが見当たらない…。 …

0109 第1工区の配線完了

信号以外の配線が完了しました。 旧追兎電鉄ならばこれで配線完了ですが、新追兎電鉄ではまだ進捗度25%…。 いや信号配線とかを考慮すれば、まだ15%にも満たないのかもしれません。 先は長いです。

0108 作業効率を上げる

電気配線はレイアウトの裏にしますが、いままではレイアウトを横に建てて作業していました。 いまはまだ良いのですが、この先レイアウトの上に風景が構築されていくと、その重みで逆方向に転倒する恐れがあります。そうなると作りこんだ …

0107 混乱しかない電気配線

一部のポイント配線が完了しました。 ​ まだ配線をやり直す可能性もあるため、余長を残したままになっています。 どうすればキレイな配線に出来るのでしょう。 動いてしまえば見えなくなる部分なのですけど、きれいにまとめておきた …

0106 レイアウトベース裏の整理

多忙により作業が出来なかったため、久しぶりに模型に触っています。 本日は第1工区の裏配線の整理です。 どうしても配線が混乱するため、端子ごとに番号を割り振っています。 これで表のレールと裏の端子の番号を整理するために実際 …

0105 第1工区の絶縁チェック

第1工区の絶縁チェックをしています。 列車の位置検出は閉塞区間を設定して行いますが、この閉塞を区切るために絶縁ジョイナーを入れています。 ただこの絶縁ジョイナーは厚みにして0.5mmもない薄いものなので、線路ジョイント時 …

0104 閉塞追加

第1工区の電気配線を昨夜に引き続き作業しています。 旧追兎電鉄では列車編成長と閉塞区間の関係を考えていればよかったのですが、今回は信号機の動作も考えなければいけません。 信号機が絡むと面倒なのは、Bトレの場合、閉塞検知は …

0103 また配線ミス

やはり…というかミスはあるよね。 ↑ ビフォー ↓ アフター 少しずつキレイになってきているけど…実は設計図は無いのです。 正確に表現するなら「建設前は設計図があった」です。 実際に線路を敷設すると、ここは閉塞待ちにした …

0102 久しぶりの車両増備

正直買うつもりはまったく無かったのですが…やはり毎日のように見ている車両には愛着があります。 323系がフル編成で増備することが出来ました。追兎電鉄では6両編成までしか自動運転が出来ないので6両でもよかったのですが、フル …

0101 第1工区と第2工区の接続試験

いつもは狭い部屋で作業しているのですが、今日はリビングに出てきました。 第1工区と第2工区が問題なく接続できるか…という物理的なレベルでの接続試験です。 この段階で全長3600mmです。第1工区から第3工区まですべてつな …

PAGETOP
Copyright © 追兎電鉄株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.