自動運転をするためにはアナログでは不可能です。TOMIXの新制御システムはアナログのままで自動運転が出来ますが、複雑な運転をしようとすると、やはりデジタルのDCC制御でないと無理でしょう。

制御に使用するソフトウェアは、railroad & co train controller Silver7.0です。もう5年ちかく使ってます。いまはver8.0も出ていますが、私がしたいことは7.0でも問題ないためバージョンアップせずに使っています。

DCCの機器はデジトラックスです。特にデジトラックスが優れている…というわけではなく、自動運転をしたいと思った時、DCCの基礎を教えていただいた先生がデジトラックスを使っていた…というだけです。他にもいろいろなメーカーがありますので好きなメーカーを使えばいいと思います。

そして自動運転の肝となるのは列車の在線検知で、これはデジトラックスのBDL168を使用しています。デジトラックスはKATOでも扱っていますし、なによりKATOのアフターサービスは本当に素晴らしいので、これだけでもデジトラックスを使う価値はあるでしょう。信号制御は同じくデジトラックスのSE8C、電源はDCS100です。電源は馴染みやすいデザインのD101(いまは後継機のD102)を使っていましたが、制御できるのが10列車までで、今回のレイアウトではキャパが足りないため変更しています。