追兎電鉄は5つのモジュールに分割します。
そのうち4つのモジュールには、列車位置検出のためのBDL168や、信号制御用のSE8CなどのDCC制御機器があり、それぞれLOCONETケーブルで結ばれています。
先日、部屋の掃除をするためレイアウトを移動させた時、LOCONETケーブルを抜くことを忘れ…

無理にチカラがかかったことで、固定していたボードがモジュールから脱落してしまいました。
これは仮復旧までのガムテープ固定です。
どこかの高速鉄道でもガムテープ補強はしていますから、これはこれでアリなのでしょうが…。

レイアウトを移動させるたびに、レイアウトを立てかけてレイアウト裏のボードからLOCONETケーブルを外すのは…あまり良い結果にならないことは想像できるので、いつものお店からUP5を4枚購入いたしました。

いつものお店は私の友人でもある「ひゃっけん堂」さんです。
私が使っているデジトラックス関連では、在庫・価格ともいま最もお勧めできるお店ですね。