あんまり悩んでも出来ることは限られているのでプラン決定させました。
作業部屋が狭く全体を撮影できないのでプラン図を…

いつもながらの自画自賛プランです。
丸で囲んでいる数字は駅ホーム
イロハニホヘが留置線です。
終端駅に列車が入ってきて1番線へ行く場合、ポイントF→E→D→Aと通過します。
その間にも2番線または3番線と、留置線ホ、ヘには行き来できます。
また終端駅の2番線または3番線に入る場合、ポイントF→G→B→Cと通過します。
その間にも、1番線から本線への出発、または1番線と留置線イ、ロ、ハ、ニへは行き来できます。
すべての留置線へ入ることが出来る駅ホームが限定されているので、ダイヤ作成は苦労すると思いますが、いろいろイベントがあった方が楽しいでしょ。

終端駅は4面3線で乗車ホームと降車ホームが分かれる形になります。
本線から少しカーブして入線するあたり関西のターミナル駅っぽいかも…。

列車は入線していると、ターミナル駅に見えませんかねぇ

留置線側はこんな感じになります。
2番線・3番線から入出庫できる留置線は本線に沿わせて、1番線から入出庫できる留置線は少し間をあけてみました。線路だらけも考えたのですが、ここは車両区の詰め所など情景を作れるスペースを空けておくことにします。

第4工区は、全体が望海駅の場内になりますから、場内信号はこの位置で…。カーブに編成後部を残しての入線待ち…。イイ感じです。