第4工区が出来たことで入れ替えプログラムを何度も作って遊んでいました。
ここで気づくことが…。
もしかしてダイヤ運転とかしなくても、車両区と入出庫駅だけ作っても満足してたんじゃないか…。

まぁそれはさておき

車両へのデコーダ搭載作業が進行中です。

南海50000系とJR西日本113系阪和色です。

113系は以前の車両のメンテナンスです。
さすがに5年放置していると、すんなり走らないものです。
メンテナンスということで車両を分解すると…、補重の雑さが目立つためやり直しもしています。

デコーダは生きていてアドレスの書き換えも出来るものの走行しません。
デコーダなのか、モーターなのか、配線なのか…
この問題は週末にでも詰めていくことにします。

さて南海50000系、ラピートをDCC化するのは今回が初めてです。
このラピートはBトレとしてはかなり再現度が高いものですが、ラピート独特のメタリックが物足りない(阪急マルーンと同じ感覚)ので、再塗装しようと思っていたため、いつまで経ってもDCC化できなかったわけで…。

車両へのコダワリを緩くしたので、今回めでたくDCC化となりました。
やはり実車同様の6両編成となると見栄えがするものです。
Bトレで4両編成だと物足りないですし、8両編成ともなると閉塞区間が長すぎてダイヤ運転が難しくなります。
なので6両編成が一番バランスの整れたところですから、ラピートは追兎電鉄にピッタリ…ということになります。

(個人的なメモ)
現時点で正常稼動できる車両

  • 南海50000系
  • JR西日本207系 新塗装
  • 京阪7200系 新塗装
  • 京阪新3000系
  • JR西日本225系 5000番台
  • JR西日本113系 湘南色
  • JR西日本221系

整備中の車両

  • 京阪8000系 通勤塗装
  • JR西日本103系 大阪環状線
  • JR西日本113系 阪和線
  • JR西日本101系 関西線
  • JR西日本キハ58系 きのくに